前へ
次へ

教育の差が貧富の差に繋がる理由

社会生活をしていると高級車に乗る人も居れば、軽自動車を購入するのが困難な人も居ます。大人になると所得の違いで貧富の差が発生するので、生活のレベルにも違いが発生してきます。資本主義の社会では殆どの物に価値が付いており、何かを手に入れるにはお金が必要になりますから、貧富の差で衣食住のレベルに違いが発生するのは仕方のない事です。貧富の差の理由を考えた時に子供の時の教育に違いがある事が考えられます。ハイレベルな教育を受けた人間は有名大学に進学をする事ができるので、就職をする段階で圧倒的に有利な状態になりますから、初任給の段階から違いが発生してきます。給料が高ければ、投資をするお金も増えてきますから、資本主義の中では圧倒的に有利な状態になります。しっかり金融教育を受けている人間は投資をする大切さを理解しているので、気づいた時には埋められないレベルの差が発生してしまいますが、それはシンプルな流れの結果です。子供を教育をするのは学校だけでなく両親でもあるので、子育てはとても重要になります。

Page Top